「白髪」カテゴリーアーカイブ

白髪が多いうえにお家でカラーリングができないという悩み

私の髪に関する悩み。それは、白髪が多いことです。
私の祖母も真っ白な髪だったので、白髪の家系なのでしょう。
20代の頃は、白髪があったとはいえそう多いわけではなかったので、特に気にすることもありませんでした。

しかし30歳を過ぎたあたりから、急に白髪が目立つようになってきました。
出産後は、頻繁に通っていた美容院にも行けなくなり、おしゃれから遠ざかってしまいました。白髪以前の悩みです。

ボタニカルエアカラーフォームの評判!

現在40代後半ですが、しばらく美容院に行けないでいると、少しだらしない感じで白髪が目立ちます。
鏡で見たりすると頭頂部が真っ白なことに気づきます。
子どもからも指摘されたので、私より背の高い人からは、白い髪が丸見えなんだろうな。
そう思った瞬間に髪を染めたくなります。

「美容院行く暇ないし、家で染めちゃおうかな」と考えることもありますが、ある出来事があって以来、家での染色は極力避けています。

その出来事とは、市販のカラーリング材を使って自宅で髪を染めていた時のこと。
カラーリング剤を髪に塗って、しばらくそのまま待って・・・いる途中で急に寒気がして、なんと発熱してしまったのです。
その時はぶるぶる震えながら、お風呂でカラーリング剤を洗い流しました。
熱は偶然だったかもしれないし、原因はわかりません。
後日美容師さんにその話をしたところ「カラーリング材は冷たくなるので、体が急激に冷えてしまうこともあるかもしれないですね。」と言われました。
それ以来、自分で染色したりすることが怖くなり、自宅でのカラーリングは避けるようにしています。

カラーリングは担当の美容師さんにほぼお任せしています。
「白髪染めじゃなくて、普通のカラーリングで、ギリギリ白髪が光らない明るい茶色」
または、暗い色にしたい時は
「普通の白髪染め」
にしてもらっています。

この先どんどん白髪が増えると思います。
祖母がそうであったように「真っ白のほうがむしろおしゃれかも」とも思っています。

ボリュームなんていらない!

筆者はアラフィフ。

髪の悩みは定番の白髪はもちろん、年々ひどくなる髪のうねり等々…。

一番の悩みは髪のボリュームです。

人によっては嫌味に聞こえるかもしれませんが、ボリュームがありすぎるのです。

http://www.urbanpiraten.org/

髪が多すぎ、太すぎ、おまけにくせっ毛の三重苦で朝など大爆発状態です。

夫からは「逆立ちして寝たのか?(笑)」と言われる始末。

筆者はショートスタイルが好きでここ10年程、ずっと続けているのですが、1か月も放置しようもんならふくらんでしまって自分の影を見たらまるでキノコのようです。

40代後半の筆者にお勧めのヘアスタイルを検索すると出てくるのはボリューム感を出すようなスタイルばかりです。

普通は年々髪が細くなったりコシがなくなったりしていくんでしょうね。

美容室に行くたびボリュームを取りたい一心で髪を短くオーダーし続け、気が付いたらここ数年は耳全開・首筋は刈り上げのベリーショーが定番になっています。

それでもトップ部分はこまめにすいていかないとすぐキノコに…。

もうこうなったら、校則問題で今話題のツーブロックにでもしてやろうかな。

でもアラフィフのツーブロックってありなのでしょうか?

校則に縛られることはなくなっても、場合によってはそれ以上の厳しさがある周囲の目にどう映るでしょうか?

小6の娘に相談したら「またどうせすぐ伸びるんだから好きにすれば。」と、冷たい反応…。

まぁいい。

よし!!思い切ってやってやる!!シャレオツなおばさんになってやろうじゃないか!!

毎日見る鏡だから

毎朝お化粧のために鏡を見る時、顔のシミよりも最近できてきたシワよりも、頭の上が気になってしまう。34歳なのに分け目のあたりにかなり目立つたくさんの白髪。遠くから見たら、暗いところで見たらきっと分かんないだろうわたしの白髪は、光を当てて近くで見れば、明らかな多さ。しかも分け目にたくさん。髪を上げて内側を見るとそうでもないのに、表面にたくさん目立つタチの悪い生え方。毎日鏡を見るたび恨めしい。

http://www.sousaproject.org/

いつも行く美容師さんには「わぁ、目立って来たね…でも全部髪を染めちゃうくらい多いってわけではないし…。」と言われ、私も、「そうですよねぇ…」と返すしかない。私自身髪を染めてしまうことに抵抗がある。ヘアマニキュアを勧められて時々使ってはいるものの、完全には隠せないし、匂いにもあまり慣れない。とっても便利で助かって入るんだけれど。

久しぶりに会う友達の目線は、頭の上にふっと行く。そして、「わぁーー、苦労してるんだね」と言われたり、言わないにしても目でそう言われて頷かれる。心の中で『そうだよね…』って、なんだか切ない。
恐らくこれは遺伝だ。昔、母が若い頃一生懸命鏡の前で白髪を抜いてる光景がすごく嫌だった。切ない。