「スキンケア」カテゴリーアーカイブ

ほっぺの両外側の、スキンケアをおこたっていた悩みです

お顔の肌は、いつまでも美しくありたいと願うものです。

からだのお顔以外の場所の肌も、入念なお手入れをして

キレイなスベスベな状態でいたいのです。

少し気を抜くと、私は足や腕の部分の肌はかさつくのです。

先日お顔を鏡で見ていたら、両方のほっぺの外側の部分にシミを感じました。

気づいたシミは、思ったよりも薄くでかかっていたのです。

私は前から見えるお顔の部分には、シミ対策の日焼け止めクリームは気をつけて

つけていました。

でもほっぺの外側へ日焼け止めクリームは、あまりつけていなかったのです。

入浴の際にも、温かいお湯でお顔に血行をよくしようと

ざぶざぶと両手ですくい上げて、お顔にかけていました。

でもその際にも、ほっぺの部分には温かいお湯はあまりかけていませんでした。

シミーホワイトリンクルエッセンスの効果

入浴後のスキンケアの際にも、シミができているほっぺの部分には

とんとんと軽くたたく様な、仕草をあまりしてはいなかったと後悔しています。

正直なもので、スキンケアや紫外線対策をおこたっている部分に、

シミができているのです。

忙しい毎日のあまりに、うっかりしてほっぺの外側への気配りを忘れていました。

とても悩む出かかったシミですが、

これからは鏡をよく見ながら、シミを少しでも薄くしたいと思います。

これからはスキンケアの際にも、保湿を丁寧にしようとも思っています。

冬の時期でも紫外線があるので、日焼け止めをお顔全体につける事を

忘れない様にしないといけないと思うのです。

腸活にはヨーグルトがおすすめ

あなたは「腸活」という言葉を聞いたことがありますか?実は私はこの言葉を聞くのははじめてなのです。最近では「腸活」と同じく「菌活」という言葉もよく聞くようになりました。この「菌活」も同じくはじめて聞く言葉です。

評判通り?アイウルルを使用した私の口コミ!3ヶ月間の効果と体験談を暴露します!

 これから腸活をはじめてみようと思っているあなた(私もそうですが)に腸活について書いてみたいと思います。

 ヨーグルトに入っている乳酸菌について。

ヨーグルトには腸内の菌バランスを整えてくれる「乳酸菌」が入っています。腸内が不調になると悪玉菌が貯まって便秘や肌荒れ、または疲れやすくなる、免疫力の低下や気分の落ち込みなどいろんなところに体の不調を呼ぶことになります。

そこで菌を含む発酵食品を食べると腸内が元気になり体の健康のサポートにも繋がります。ヨーグルトは乳酸菌が豊富に入っている発酵食品です。コンビニやスーパー、ドラックストアなどで手に入れることが出来て手軽に食べやすいので非常に人気の高い食品です。では、同じヨーグルトでも菌はさまざま。菌によってはいろんな働きによって体に元気を与えてくれる。

乳酸菌は大きく2つに分かれています。あともう一つは植物性乳酸菌です(この乳酸菌は主に漬物やキムチなどに含まれています)ヨーグルトに含まれている乳酸菌は上記に書いたもの以外にもビフィズス菌、ガセリ菌あとはLG21乳酸菌ぐらいでしょうか。ビフィズス菌は整腸作用が高いと言われています。あと、ガセリ菌も整腸作用の他にも内臓脂肪も減らすといった効果があると言われています。

肌の潤いのために紫外線をカットする

肌の潤いをよくしたいとか艶を出したいとか考えているわけですが、これはしっかりと自分の中でやるべき方法というのを確立しています。一つはとにかく痛みを出さないことです。痛みとは要するに肌がダメージを受けないようにするということであり、これが結構重要なことであるのは間違いないです。肌のダメージを受けるというのは結構色々な理由があるのですが、その一つとしてあるのがまず間違いなくいえることとして紫外線です。

シルクリスタ

紫外線から肌を守るというのは実に当たり前なことではあるのですが意外とやっていない人が多かったりします。実は私もそんなに強くやっていることではなかったです。しかし、これを意識するようになってから肌ツヤというのが結構しっかりと出てくるようになりました。割と露骨に意味があることなんだろう、と感じられることであったのです。具体的にどのように紫外線をカットしたのかといいますと日焼け止めクリームをよく塗るということです。

これは夏だけでなく、年がら年中塗ってました。これだけでかなり肌の潤いを維持することができたりすることがありましたので、これからも続けたいと思っています。手間はそんなに大したことではなかったです。

子どもの頃からのコンプレックス

私にとって、白く透き通った陶器のような肌は永遠の憧れです。肌の色ももともと黄色味が強い方で、色白とも程遠く色白さんが羨ましいです。

思い返せば、子どもの頃から肌はきれいな方ではありませんでした。小学校四年生くらいからおでこにぷつぷつとニキビができはじめ、高校卒業まで顔中のありとあらゆるところにニキビが出来ていたため、毎日悩まされました。当時は今みたいにニキビの保健治療などなかったので、小まめに洗顔して、ビタミン剤や便秘薬を飲み、市販の薬を塗るのが精一杯でした。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

大人になった今でもちょこちょこ出来てしまう吹き出物に悩まされています。同様に、学生時代に出来たニキビの跡にも。昔から皮脂が多いのか、子どもの頃から毛穴も開いていて、それもコンプレックスでした。中学生くらいからこっそりファンデーションをして学校に行っていたくらいです。

肌が綺麗なだけで健康的に見えるし、同じファッションや髪型をしていても何倍も素敵に見えますよね。特に今はナチュラルメイクが主流で、ファンデーションべったりメイクではないため「素肌美人」がもてはやされているように感じます。雑誌でも決まって色白モデルが起用されていていますよね。

肌がもともと強くて綺麗な人はそれだけでアドバンテージなので、本当に羨ましい!

お肌の調子は心の調子

私は長年ニキビ肌に悩まされていた。中学生の頃から少しずつニキビが気になるようになり、社会人になっても悩みは続いた。皮膚科に通って軟膏や抗生物質の内服、ビタミン注射など、あらゆる手段を試しては良くなったり悪くなったりを繰り返していた。母にも相談し”大人になったら治るよ。きっと大丈夫”だと言われていたが、なかなか治らない自分の肌が嫌いであり、仕事の時も友達が泊まりに来るような時も化粧せずにはいられなかった。

本音の口コミ!ビューティーオープナージェルの最安値通販サイトや効果などを徹底レポート!

何よりもそんな肌を見られるのが、とても嫌いだった。毎日お肌の悩みと向き合いながら社会人4年目頃、ようやくニキビ自体ができなくなり、悩みから解放されると喜びに満ちていたが、今度はそのニキビ跡に悩むのである。女優さんのような真っ白なお肌が羨ましく、自分のお肌にはニキビ跡が茶色く残っていた。これが将来のシワやたるみに繋がるのではないかと思うと悲しくなる。

現在私には、もうすぐ2歳になる息子がいるため、晴れの日にはよく外遊びを一緒に楽しんでいる。ニキビ跡が濃くならないように紫外線対策は入念にと思いながらも、息子がいると、どうしても自分のケアは置き去りになりがちであり、このご時世、マスクをしてたら大丈夫かなと気が抜けている現状である。

そして1日の終わり、お風呂の中で後悔するのである…。いつまでも綺麗なママでいたい、母としても1人の女性としても綺麗にいられるように、これから本格的な夏がやってくる前からお肌のお手入れ、紫外線対策、ニキビ跡のケアに努めたいと思うこの頃である。

夏のマスクによる肌荒れ

夏にマスクすると、他の季節より肌トラブルが多くて困ってます。

夏は過ごしやすい環境で無い限り汗が出ますし、紫外線で日焼けをしたりと肌の状態が崩れがちな季節。
どんなに汗を拭いて清潔にしていても、マスクをつけると顔下半分だけサウナに入っているように高温多湿になります。
気付けば、フェイスラインのニキビや痒みが出て赤くなることも多くなってしまいました。

http://bestwesternporterville.com/

また、ニキビが痛い、肌が痒いと日焼け止めをつけていないと日焼けしてしまって悪循環を繰り返します。
日中出来る限り肌荒れしてしまう顔周りを清潔にしようと心がけてはいるものの、家や人との距離がある所以外ではマスクを長時間外せないため、悪化しないようにするのが精一杯でした。

この肌荒れを大幅に改善出来たのは、病院で処方していただいた処方薬です。
最初は評判の良い市販薬やスキンケア用品を使ってケアをしていたのですが、私の肌に合わなかったのか全く改善出来ませんでした。
汗や日焼けによるダメージで、次から次へと出来るニキビに自己流ではもう無理だと思って、病院に行きました。
処方された塗り薬を塗りながら、洗顔も見直して泡タイプの洗顔剤に変更し数ヶ月がかりで良くなっていきました。
この経験から、肌荒れが酷くなった時はどうしようもない状態になる前に病院へ行こうと思ってます。

マスクを1年中するようになってから思ったのは、夏が1番肌荒れしますし、スキンケアにも気を使います。
そして願うならば、肌悩みが無い状態になりたいです。

皮脂バランスが悪すぎて困る

基本的に季節を問わない乾燥肌に悩まされています。
なので、出来るだけ保湿力の高いスキンケアを頻繁につけるようにしています。

http://www.paulistas.net/

洗顔後は、全体的にかさつきを感じる状態なんですが、しばらく経つと顔のある一部は皮が剥けてしまうほどカサカサとしてしまうのにある一部は、皮脂が多くテカテカになってしまう状態にあります。
なので例えば、化粧水1つでスキンケアを済ますと皮脂バランスが悪く、それだけでは肌を整えられません。

アイクリームを使用して目の周りは保湿をプラスし、鼻や頬は皮脂を吸着できるパウダーを叩いたりとパーツ毎のケアをプラスしなくてはならないのが毎回面倒でたまらないのです。

それは、メイクをしている時にも同じで乾燥し続けるところはケアしてもしてもかさつきを止められず、皮脂が多くある箇所はメイク直しを繰り返しても噴き出るように皮脂が止まりません。

なので必要とするスキンケアアイテムが多すぎて、特に外出する際のお直し用アイテムが嵩張るのがとにかく面倒でたまらないのです。お直しにかける時間も無駄に感じますし、なんだか自分が美容に対する知識がなさすぎるがための悩みなのかと無駄の積み重ねのように感じてしまうので解決策を知りたいです。

気になる肌の乾燥について

乾燥肌が悩みですが、おでこ・鼻はテカりやすいところがあるため混合肌タイプかもしれません。

nicoせっけんは販売店で市販されている?購入して使用した効果と私の口コミをこっそりご報告!

子どもの頃は、唇のかさつき、鼻と口の間、口の横の乾燥がひどく、コンプレックスでした。大人になるにつれその症状は落ち着きましたが、やはりお風呂上りはすぐに化粧水をつけないとパリパリになり、水分が足りないと感じることが多かったです。

スキンケアは、自分で情報を集めながら好みのものを使っています。以前までは、こだわりもなく、市販で売っている数百円で買えるものを使っていましたが、それではあまりよくないと感じ、ある程度の値段のするものを使い続けることで、その悩みも少しずつ改善してきました。丁寧にスキンケアすることが大切だと感じています。

また、乾燥が目立つなと思った時は、普段のスキンケアの上からワセリンで蓋をするように塗ることもあります。顔全体に薄く塗ったり、唇や目元、口回りなど気になるとこだけに塗るなどその時々で変えています。また、体の中からのケアも大切だと思っているため、なるべく水分をとったり、サプリメントもとるようになり、若いころよりも全体的な肌の状態が良くなってきたと実感しています。簡単なケアですが、日々気にしていくことが大事なので続けていこうと思います。

不快なにおいは洋服からも

ともかく肌が綺麗な人達が羨ましい。私は学生の時はニキビテカリ肌、30代の現在はそれにプラス乾燥、またバリヤ機能が低下したせいか敏感肌体質にもなっている。

モイスポイントを3ヶ月間使った効果と口コミ評価!市販の実店舗では購入可能?

他人から若々しく見られる条件は様々だ。服装や髪型、体力的なものなどあるが、やはり肌が綺麗でいる事が一番のような気がする。先日何気なく動画サイトを見ている時に、ある衝撃的なサムネイルに目が留まりクリックした。ある肌トラブルに立ち向かう、心の強い1人の女性の記録だった。

長年使っていた薬をやめようと決心し、仕事を続けながら、痛々しい肌の変化を視聴者にシェアしてくれた。悪くなったり少し良くなったりを繰り返しながら、彼女の肌は少しずつ改善していった。

彼女は薬に頼らず、もともと自分の肌が持ってる力を目覚めさせる考えにいたったのだ。私も最近感じる事があったので、なるほどなぁと共感した。お店には色々な化粧品が並んでいて、ヒアルロン酸だ高温保湿だ話題のあの成分配合など、本当に選ぶのに迷う。こんなにも高機能な成分が入っているのに一つのブランドで落ち着かないのは、今だにこれだっ!という商品に出会えていないから。これはもともと肌悩みを持たない方には無縁な話なのかもしれない。

でも商品をずっと変えてる人は多いと思う。

迷路に迷っているみたいだ。私が彼女から何を学んだのかというと、自分の肌の力を信じずに、外から成分を毎日毎日入れていると、逆にどんどん肌の力は低下していくのではないか?リアルタイムで今の肌に疑問を持っていた私にはそう思えた。

いくら高い化粧品を使っても、偏った食生活や寝不足、ストレスなどから肌を守ってくれるのだろうか?それよりも、シンプルな成分の優しいスキンケアで、本来の肌のバリア機能をよみがえらせて強い肌を目指した方がいいのではないか?これまで、たくさんの商品を使い未だに色々なトラブルが起こる私の肌が出した結論だ。きっと始めるなら早い方がいい。早速、赤ちゃんでも使えるシンプルな成分のものからはじめてみる。今までの商品より安いしうれしい。しばらくは急な変化に耐えられない私の肌が色々なトラブルを起こすだろうが、きっと本来の強さを取り戻してくれると信じてる。

お肌のケアは、内側と外側から!

女性はみんなお肌の事気になりますよね。私は現在36歳、お肌の事で悩める主婦です。
実は私20代まで全然お肌のケアしていませんでした。結構肌がキレイで夜顔も洗わず寝てしまうことなんてしょっちゅうでした…。でも若いから全然肌がキレイで、肌のケアなんて気にしていませんでした。

http://www.cafeoquendo.com/

30代にに突入し、同時に出産すると劇的に肌が荒れてしまい、吹き出物、小じわが出てきて、シミもたっぷりでてきてしまいました…!ほんと肌が荒れると外に出たくなくなるし、シミや吹き出物が出ると化粧でカバーしようと厚化粧してもノリが悪いので粉を吹いてしまうので悪循環ですよね。この肌荒れを何とかするために私が行った誰でもできる肌荒れ解消法を紹介します。

1、基礎化粧品を見直す
 ずっと同じものを愛用し使い続けている方もいらっしゃると思いますが、年齢や環境、肌の悩みはその時で違ってくると思います。ですので私は肌荒れがなかなか治らない場合は定期的に基礎化粧品を見直すようにして、その時の肌の調子に合わせた基礎化粧品を探すようにしています。百貨店の化粧品売り場でサンプルたくさん貰えますので、気になったら肌の事を売り場の人に相談して、サンプルをもらって実際つかってみて基礎化粧品を試すとよいと思います。
2、便秘が原因
 便秘が続くと肌荒れがします。なので、便秘にならないように正しい食生活、適度な運動を心がけています。
3、ストレスが意外と大きな原因?
 私は子育てと仕事をしていますので、毎日朝から晩まで自分の時間もなく働いて子育てをしています。そうするともうくたくたでイライラしたりしてストレスがたまってしまうことが…。私、それでめちゃくちゃ吹き出物出ます。なので、とにかく自分の中でストレス分析して、自分なりのストレス解消法を探してみると、それだけで吹き出物が減ります!

わたしがやっている肌ケアはそれだけですが、それだけでかなり肌荒れが解消されました!誰でも簡単にできる肌ケアの事なのですが、ぜひ試してみてくださいね。

変わりゆくお肌の悩み

現在三十代前半の私は、昔からお肌の悩みがつきません。
中学生?高校生の頃は鼻と頬の黒ずみに悩み、二十歳をすぎればテカリに悩み、20代後半には仕事のストレスによる肌荒れに悩み、そして、現在は加齢によるたるみ、しみ、しわに絶賛悩み中です。

http://vincentdelermofficiel.com/

若い頃は若さもあって、自分では肌の悩みがありつつも他の人からは「肌がきれいだね」と言われたこともありましたが、年齢を重ねるに連れだんだんだんだん言われなくなり。(当たり前か)
鏡を見るたび(悪い意味で)新しい発見があって、がーんと気落ちする日々です。若い頃と比べて肌荒れはなくなったものの、とにかく増えるのがシミとシワ!

私の場合は目尻から頬骨にかけてちりめんジワが目立つので、厚塗りのお化粧は絶対にNG。しかしシミも出てきているのでカバーもせねばならず一体どうすりゃいいのか、と途方に暮れます。

我が家は祖母も母も、叔母もシミがすごいシミ家系。これからますますシミが出てくることは間違いないので、今からハラハラしております。
美容皮膚科などの医療の力も借りたいなぁと思いつつ、お値段もはるのでとりあえず今は新しいシミができないように日々熱心に日焼け止めを塗る日々です。
歳を重ねることは素敵なことなので、自分の「アラ」もどっしり受け入れられる女性になりたいものですね。

マスクをするようになってからほうれい線が目立つ

外出するときは必ずマスクをするようになってからほうれい線が目立ってきました。マスクをしていると口元は見えないので意識していませんでしたが、鏡を見た時にほうれい線が「くっきり」と目立っていました。ファンデーションがシワの溝にはいりこんでいるし、老けた印象です。

ビューティークレンジングバーム(oz)

あわてた私はしわ専用の美容液を使いました。その美容液は朝、夜のスキンケアの最後に使います。肌なじみがよく、うるおっているのがわかりましたが、初めはほうれい線がうすくなったと感じませんでした。
3本目を使っているときに「あれ、もしかしてほうれい線がうすくなっている」と感じたのです。部分用の美容液は肌の内部でがんばっていたのですね。いつの間にかほうれい線が気にならなくなったし、ファンデーションがシワの溝にはいりこんでしまうことがなくなりました。
お肌ケアで気をつけているのですが私はお口の体操をするように心がけています。マスクをするようになってから、大きく口を開けてはっきりとしゃべることが減り、お顔の筋肉を動かすことが少なくなってきました。だから意識してお顔の筋肉を動かすようにしています。

外でも、自宅でも(あ・い・う・え・お)と大きくお口を開けて動かします。外では声を出さなければマスクをしているので変な顔を人に見られることはありません。お手入れで専用の美容液を使っているのと、お顔の筋肉を動かすことでほうれい線が目立たなくなったので続けていくつもりです。

油断大敵!冬到来?!

今年は、秋が来たのか分からないくらいに長い夏だった気がする。。私だけでしょうか?
とはいえ、段々と気温はやっぱり下がってきてます。朝起きた瞬間から喉がイガイガするなって思う時は、やっぱり肌もカサカサしちゃってます…
私は、ベタベタするから、あまり保湿クリームが好きでは無いのだけれど、朝の忙しい時間に化粧がうまくいかないと余計な時間がかかってしまうので、冬の乾燥する時期は嫌いなクリームも塗って寝る様にしています!

http://www.dinnerinthesky.net/

そこで見つけたのが、ハトムギ ボディークリーム!!スーッと肌に入り込んでいく感じで、ベタベタ感もすぐに無くなります!肌に馴染んだ後は、サラサラしていて自分の肌だと思えない様なサラッモチッ!って感じです(文字で表すのが難しい。。。)

誰でも気軽に買えるお値段で、使い勝手が良いので冬は大助かり♪朝の、化粧ノリも最高です!
ハトムギシリーズは、化粧水もボディークリームもあるので、春夏秋冬オールシーズン使えそうです。
普段日頃から、肌ケアをサボってしっまう様な私だけど、流石に乾燥シーズンだけでもせめて対策していこうと思いました。

昔は、肌のことなんて何にも考えなくて良かったのになぁー…年齢のせいなのか、冬の寒さのせいなのか。。。
今年の冬も、乾燥に負けない様に肌ケア頑張っていきたいと思います!!

お肌カサカサのお悩みをどうしよう!

今の時期特に寒くなってくると小生の肌はカサカサになってしまう。果ては白い粉なる物が出てくる始末。
かゆくてたまらないのも始末に於けない。カサカサの場所(かゆい所)は膝裏、腿、お尻廻りなど下半身に集中している。
軟膏を塗るも「モグラたたき」のようで効果はあまり無い。最近風呂に入る時に肌に宜しい入浴剤を投入している。

http://creatingperspectives.org/

これも翌日1日ぐらいは効き目はあるが根本的にはいまいちである。
よくよく考えてみれば今の時期は空気が乾燥している。
そう言えば夏場には、かゆく、カサカサになった事は無いのだ。

加湿器を買って夜寝る前に部屋の中を加湿して見たらどうだろう!現在、効果の検証中である。
若い時分はこんな事は無かった。これも初老の嘆きか!思いの外、問題が吐出してくる。頭にくる!
嘆いていても仕方がないので冷静に対応策を考えてみる。

そうだ!食事療法をして体質改善をしてみたらどうだろう!?
私は炭水化物が大好きだ!特に「白いお米」は朝昼晩と3回食べても宜しい。
白飯は1回減らしてパン食に切り替えよう!
又、コロッケ、鶏唐揚げなど揚げ物も大好きである。これではいけない。

間食にチョコレート、スナック菓子を食べる事も止めよう!
野菜を取ろう!ほうれん草など鉄を取る事に専念しょう!
「菜食主義」を実行してみよう!いつまで続くか、とにかく実行あるのみである。

気になる首にできるイボ

若い頃はほとんど気になることがありませんでしたが、加齢とともに小さなイボができるのが気になるようになりました。ひとつ年上の姉はスキンケアに無頓着ということもあり、頬の下部分や首に小さなイボがたくさんできています。私の場合はまだそれほど数は多くありませんが、一度できてしまったものを完全に消すのは難しいものがあります。

ヴィオテラスCセラムは市販で購入可能?私の口コミと効果を暴露!

美容医療で取り除くこともできますが、費用も掛かりますし、とにかくこれ以上増やさないことが大事だと思ったのです。イボも紫外線の影響を受けやすいと聞いたので、外出時には首にも忘れずに日焼け止めクリームを塗るようにしています。そして、古い角質を残さないためにもお風呂場では首を丁寧に洗い、保湿ケアもしっかりとしています。

さらに、スキンケアでは、ハトムギジェルが首のイボに効果的と聞いたので、顔はもちろん首にも塗るようになりました。ハトムギでイボが消えたかどうかはわかりませんが、とりあえず増えていないのでそれなりに効いているのではないかと感じています。首は意外と汚れが溜まっているようで、イオンクレンジングの美顔器を利用するとコットンにも汚れがつきます。毎日はかえって刺激になるので良くないと思いますが、週に1~2回はイオンクレンジングも取り入れています。

くぼみ、たるみなんとかしたい!

肌の悩みは沢山あります。たるみ、くぼみ、シミ。

シミーホワイトリンクルエッセンス

目の上と顎のラインのたるみ。たるみは色々なクリームなどを試し、最近よく広告を見るニードルパッチを数回試したところ少し改善された?と感じています。しかし、これも継続して使用しないとまた弛んでくるのだろうなー。

顎ラインのたるみ。ここ1年程コロナ太りも影響があるのか、顎のラインがふっくらしたのか?たるみなのか?多分たるんできてる。

段々と母に似てきてそれも嫌。顎ライン引きあげのベッドマッサージをやり始めました。効果に期待したいです。口て加えて運動する器具の購入も検討中。

瞼のくぼみ。遺伝的なものもあるとは思うのですが…。ネットでサーチをかけても、目の下のクマ用のクリームはたくさん種類があるみたいですが、瞼用のクリームは見当たりません。目の周りの筋肉を鍛えると良いとの事でやってはみるけれども、果たしてキチンとできているかもわからない。しかも、結構目が疲れる、眼輪筋に効いているからかもしれないけれど…。瞼を押さえると良いともありましたが、年齢的に目の病気予防の観点から瞼を押さえるのは医者からNGが出ているのでできす。簡単で塗るだけで良いクリーム的なものが販売されるのをただただ期待している状況です。

若いころのつけが年齢を重ねて

私は若い頃、ちょうどトレンドだったB系(黒人のラップミュージックやR&Bといった音楽を聴いてクラブが好きで本来はブレイクダンスしたり、ラップを歌ったりする人達だが、その音楽を好きで黒人のファッションをする人たちの事)でした。

ロザリティウォータリーマスクの効果と私の口コミ評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

平日も週3回以上お金をかけて友人と日焼けサロンに通い、自宅のベランダで椅子を出してどれだけ日焼けをして、どれだけ黒い肌に近づけるか、本当に必死でした。。。

肌を焼くこと以外にももちろん、髪の毛にエクステをつけたり、髪の毛をアフロにしたり、スパイラルパーマにしており、大学の時には遠くから見ると本当に

黒人さんみたいと言われるほどでした。

必死に日焼けサロンに通い海に行き日焼けをしている母親に、「あんた、そんなに日焼けしていると将来大人になってシミだらけになるよ」

とも言われましたが、「10年後20年後を気にしてたら、今を楽しめないよ!!」なんて全く聞く耳を持たずでした。

さて、あれから17年ほどたった今どうなったでしょう。

はい、体にはホクロが増えたたな。いえいえ、ホクロじゃないんですよ、日焼けサロンで焼いていた、海で焼いて焼きまくっていたツケ、そうです、シミです!!シミ!!

もちろん顔も、目元まわり。。。。今は必死に美白!!美白!!

クレンジングがきれいな肌に大切

現在は、育児休業中で、コロナ禍で外出することもほとんどないため、お化粧は最低限しかしていません。ですが、肌が荒れてきてしまいました。今までは、トーンアップ下地や日焼け止めしか使用していない日は、クレンジングは使用せず、普通の洗顔料での洗顔しかしていませんでした。

http://www.fatoukeita.net/

また、最近は厚くなってきたので、ゆっくりお風呂に浸かることもなく、シャワーで済ませてしまう日が増えてきました。いろいろな要因が重なり、肌が荒れてきてしまっていたので、しっかりとクレンジングをし始めました。

海外で発売されている(最近では、コストコやPLAZAなどでも売られている)ビオデルマという、ふき取りクレンジングを購入してみました。ビオデルマはふき取りクレンジングですが、その後の洗顔も不要で、さらにその後のスキンケアも不要ならくちん商品です。

子どもがいるので、クレンジング・洗顔・スキンケアが1度に済むと、かなりの時短になるので、助かります。使用感は、しっかりと化粧が落ちるのに、使用後のツッパリ感がなく、そのあとのスキンケアをしなくても、肌が乾燥していることもなく、感動しました。使い心地が気に入ったので、朝の洗顔替わり、夜のクレンジング代わりに1日2回使用しています。少しずつ肌荒れが落ち着いてきたので、しばらく今のスキンケアを続けてみようと思います。

見えなければコンプレックスにならない

もともと頬がふっくらタイプなので顔が下がって見えがちなんです。顔の下半分に肉が集まると顔が長く見えたり年を取って見えやすくなりますよね・・・。それがコンプレックスだからコロコロでマッサージしたりベロをグルグル動かして頬のトレーニングをしていたのですが、このところ寝るとき以外マスク着用が当たり前になってしまって鏡を見てもマスクをつけた状態のためコンプレックスを感じなくなったのです。

モイスポイントの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用したアラサー女子の口コミ&評価!

それによって気持ちの負担はほとんどなくなりましたね。はっきり言ってコンプレックスから解放されて「マスク様々」状態なんですね。いつかマスク生活も終わると思いますがウイルスの心配が無くなってもわたしはマスクを外せないかもしれません。

ほうれい線もマスクのおかげで見えません。シミも上手い具合に隠れています。コンシーラーで少しカバーしていますがそれも気休めで、大きめマスクを使えば顔のシミは全て隠せてしまいます。

もう最近はファンデーションは使わなくなりました。化粧は眉毛を描くくらいであとはコンシーラをほんの少しだけ。コンプレックスは目に見えるからコンプレックスなんです。カラダの中のように見えなければコンプレックスにならないのです。

毛穴が目立たない方法

私は毛穴がすごく目立つのが悩みです。よく見ると鼻はイチゴのような黒いブツブツがあり、角栓パックで定期定期に取ったりしていますが、あまり効果がないように感じます。調べてみたら、角栓パックはあまり肌には良くないそうですね。確かに、無理やり取る感じがありますので、終わった後は若干鼻の先端が荒れているようにも思います。

nicoせっけんの口コミから解約方法

顔全体も毛穴が開いているのが目で見て分かり、若干赤みがかっています。やはり、毛穴にもスキンケアの仕方が大切だそうで、顔を洗った後は、手のひら全体を使って肌を抑えるように化粧水を浸透させ、最後に乳液を丁寧に塗っていくのが一番美肌への近道だそうです。化粧水は最初は冷たいですが、手の温度と同じくらいになると、肌に浸透しやすいみたいなので、ゆっくり時間をかけて丁寧にやると、なおいいそうです。私はせっかちなので、今まではついつい化粧水をバシャバシャと使って、顔をパンパンと叩きながら浸透させようとしていたので、これからはゆっくり丁寧を心がけたいと思います。

そして一番の悩みは指の毛穴です。もうここは化粧も出来ないし隠しようがないので半分諦めていますが、色白で毛穴のない綺麗な指の女性に本当に憧れます。

暑い季節ほど乾燥対策を

今年も、だんだんと暑い季節がやってきました。暑い季節になると、梅雨で湿気が多かったり、汗をかきやすかったりと、肌もベタベタジトジトしてしまうイメージがありますが、実はこういう暑い季節ほど、お肌の乾燥には注意しないといけないです。私も、暑い季節ほど、肌が乾燥しして不快なことがあります。
なぜならば、最近はエアコンなどで、かなり涼しく管理された部屋で過ごすことが増え、なかなか汗を流す機会が減ってきています。

MELLIFE(メリフ)を続ける効果

そうなると、肌はどんどん乾燥していく一方です。私は、冷え性ということもあり、エアコンで乾燥した空気はとても過ごしにくく、肌の乾燥が気になり、不快だと感じることが多いです。
また、暑い紫外線を浴びることでも、皮膚はどんどん水分が奪われていき、乾燥しやすくなっているのです。なんとなく、冬より空気の乾燥がないイメージがあるだけ、お肌の乾燥をあまり感じない季節ではありましたが、肌の乾燥を油断できるような季節ではありません。

やっぱりお肌ケアをするうえで、いつでも必ず一番に大事になってくるポイントとして、お肌を乾燥させないということが言えると思います。
肌の老化を気になる歳なので、しっかりと保湿をして、暑い季節も乾燥させないよう気を付けたいです。

年齢を隠せないオデコの横ジワ

現在48歳、間もなく49歳です。年齢とともにシミや小じわはもちろん気になるのですが、私が最も気にしているのは「オデコの横ジワ」です。若い頃はオデコにシワが現れるなんて想像もできず、化粧水・乳液といった保湿はオデコにはほとんど塗りませんでした。それがたたってしまったのか、今となっては毎日オデコをみてため息をついています。美容系の記事では小じわやほうれい線の特集はよく見かけますが、オデコの横ジワはほとんど特集されていません。

FACEEリキッドセラムプラス

でも私は加齢現象の悪として何より注目してます!!なぜならオデコの横ジワがあると、40代後半ということが絶対にバレると思うんです。絶対に…!50代に突入するのをとっても憂いている私としては、45~46歳の見た目でなんとか留まりたい!!でも、オデコの横ジワのせいで、どう見ても50代間近という印象になってしまいます。シワというのは無表情でいるとあまり気にならないのですが、思いっきり笑ったりあるいは疲れ果てた時などに濃厚に現れてしまいます。そのギャップがまた、年齢を感じさせるんです。また、首の横ジワは洋服で隠せるけど、オデコの横ジワは少しの前髪では隠しきれません。

私はオデコが広く、しかも前髪の生え際の形のせいで前髪が作れず、広いオデコを全開にしています。若い頃は富士額(フジビタイ)と言ってたまに褒められたりしていました。でも今となってはその全開のオデコの横ジワが50歳間近の老け顔を色濃く表してしまいます。もちろん将来的には、シワ取りのためのリフティングのような整形手術も考えています。でも整形手術ってどうしても不自然な仕上がりになるし、何より痛そうで怖いし、手術の前後で仕事を休む必要があると思うと、もう少しなんとか自前のオデコで暮らしたいです。私と同じようにオデコの横ジワに注目している方、その予防策などあればぜひ教えて下さい!!

誰にも言えない!女性の肌のトラブル…あごひげ対策

誰にも言えない女性の肌のトラブルの中で多いあごひげ。女性は男性に比べて男性ホルモンは少なめ、そのために、ほとんどの女性にひげは生えていません。でも、中にはいつの間にやらヒゲが生えてきている…なんてことも!そんな時には皮膚科に頼るという術もあります。自宅で可能なケア方法では、以下の方法をご紹介しましょう。

コーズシックスホワイトリペアの効果と私の口コミ体験談!

困った、あごひげの直接的なアプローチ

・ピンセットを使用して、あごひげを抜いてゆく。

・カミソリや美容向けのテープを使用してヒゲを引き抜いてゆく。

困った、あごひげの間接的アプローチ

・女性ホルモンを増やす努力を行う。食事や生活スタイルに注意する。

・香りの力を利用する。植物の薬理作用を利用した精油で、好みの香りを嗅いでリラックス。

あごひげができてしまった後と、できる前ではアプローチ方法が異なります。ひげを抜いたり、そってみたりすることは簡単。でも、その都度、肌の状態をチェックしながら永久にお手入れがつずいてゆくのです。そんな手間暇を思えば、元からあごひげの原因を絶つ!という方法がベストでしょう。例えば一例では、乱れた食生活の見直しや、女性らしい感性を取り戻すための工夫を行うことによって、肌質の改善に繋がってくるのです!

私が抱えている肌の悩み

冬から春にかけて空気の乾燥が酷かったので、手や顔の乾燥に悩まされていました。

お風呂上がりにすぐ化粧水を使っても、翌日の朝にはおでこのあたりが粉を吹いているような状態でした。

そのせいか化粧のノリも悪くなって、最後にパウダーを叩くとおでこや頬の部分の乾燥が抑えられていないのが悩ましく、化粧自体しない方がいいのではと思うくらいでした。

ただコロナ禍でマスク着用が当たり前になっている世の中です。

FACEEリキッドセラムプラスの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

その上春先から紫外線が強くなるし、日焼けでマスク跡がついたら困るので最低限日焼け止めだけでも塗るようにしています。

本来ならお風呂上がりに乳液もつけたいと思っていたのですが、逆に乳液を使うと肌がベタついてしまうので、つけ心地がサラッとしているものがあれば買いたいです。

またもう1つ抱えている肌の問題がニキビです。

中高生の頃よりは落ち着いてきたのですが、生理前になるとストレスの関係かおでこや頬にニキビがぽつんとできることが多いです。

潰せば菌が繁殖してしまい潰そうにも潰せない状態で、コンシーラーで隠す努力はしていますが、やっぱり朝鏡を見る度に早くなくなって欲しいなと思ってしまいます。

そして顔だけではなくうなじあたりのニキビもたまに気になります。

顔を洗う時に使う洗顔フォームの残り泡で、背中も洗うようにしているのですが、本来はどのようにしてうなじや背中のニキビをなくすのか正しい方法があれば知りたいです。

季節は関係ない紫外線肌のケア

肌や髪の毛がダメージを受ける紫外線は、最も強いと思いがちな夏ではなく、5~6月にかけてピークを迎えます。

紫外線は、A波とB波、C波の3種類があり、人体に及ぼす影響が異なります。
紫外線A波のUVAは、シミやしわ、たるみのほか、皮膚がんや白内障の原因にもなります。
紫外線B波のUVBは、日焼けの原因になります。
紫外線C波のUVCは、人体に最も有害とされていますが、オゾン層に吸収され地表に届かないはずの紫外線でした。 しかし、地球環境の変化によってオゾン層の破壊が進むことが危惧されています。

レナセルクリアセラム

日焼け止めには、UVA対策のPA数値と、UVB対策のSPF数値が記載されています。
PA数値が強いほど「++++」、弱いほど「+」のように表記され、通常の外出では「++」ほどで十分でしょう。 スケジュールや生活スタイルに合わせて適切な日焼け止めを選びましょう。 多少面倒でもこまめに塗り替えると効果的です。
1~50+までのSPF数値は、どのくらいの時間防御効果が高いのか示されています。 外出が短時間なら低い、長時間なら高い数値の日焼け止めを選び、数値に合わせてこまめにつけるとUVBを防げます。

日焼け止めを塗っても、焼けてしまった経験があるかもしれませんが、塗り方を間違えている可能性があります。
顔全体に日焼け止めを塗るとき、十分な効果を得るために必要な日焼け止めの量は、500円玉1個分ほどに相当する約0.8gです。
日焼け止めを塗ると脂っぽいうえ、顔も白くなってしまいますが、30分ほど経ち馴染んできたころメイクすると、べたつきや白さが防げます。
日焼け止めをまんべんなく顔全体に延ばしがちですが、手のひらのしわや指の間に残り無駄になるうえ、顔をこすった刺激によって、シミやしわ、たるみの原因になります。
軽く握った親指と人差し指のつけ根の間にできるくぼみに日焼け止めを乗せます。
指でこすらず、握りこぶしのように握った両手でスタンプを押すように塗る“スタンピング”で顔全体に日焼け止めを塗ります。
顔全体に日焼け止めが行きわたったら、指先でムラになっている部分を“スタンピング”を意識しながら整え、小鼻のきわや目の周囲など、“スタンピング”で塗り難い部分を塗ります。
おでこや鼻、頬骨、あごは、“スタンピング”の塗り方で重ね塗りします。

コロナ禍の現在、必需品のマスクをしていたら、「日焼け止め塗らなくてもよい」と思いがちです。 しかし、不織布や布マスクは10%ほどのUVカット率しかなく、90%近い紫外線が通過してしまいます。 さらに、マスクの中の蒸れによって日焼け止めが落ちやすくなるため、こまめに塗り直すことをおすすめします。
「マスクをしているから」と言って、油断は禁物です。

紫外線は年間を通して人体にダメージを与えますが、無防備になりがちな春に加え、夏にかけての対策がより重要です。
紫外線のダメージを最も強く実感するのは、肌のシミやしわ、日焼けです。
自分に合った日焼け止めの使用と、正しい塗り方を実践した紫外線対策がダメージ予防のカギです。