見えなければコンプレックスにならない

もともと頬がふっくらタイプなので顔が下がって見えがちなんです。顔の下半分に肉が集まると顔が長く見えたり年を取って見えやすくなりますよね・・・。それがコンプレックスだからコロコロでマッサージしたりベロをグルグル動かして頬のトレーニングをしていたのですが、このところ寝るとき以外マスク着用が当たり前になってしまって鏡を見てもマスクをつけた状態のためコンプレックスを感じなくなったのです。

モイスポイントの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用したアラサー女子の口コミ&評価!

それによって気持ちの負担はほとんどなくなりましたね。はっきり言ってコンプレックスから解放されて「マスク様々」状態なんですね。いつかマスク生活も終わると思いますがウイルスの心配が無くなってもわたしはマスクを外せないかもしれません。

ほうれい線もマスクのおかげで見えません。シミも上手い具合に隠れています。コンシーラーで少しカバーしていますがそれも気休めで、大きめマスクを使えば顔のシミは全て隠せてしまいます。

もう最近はファンデーションは使わなくなりました。化粧は眉毛を描くくらいであとはコンシーラをほんの少しだけ。コンプレックスは目に見えるからコンプレックスなんです。カラダの中のように見えなければコンプレックスにならないのです。