お肌についてのあれこれについて

紫外線対策などはやっぱりやっている人たちが多いので、特に夏などは紫外線対策と言うものはしっかりとやって外に出かけておいた方が良いと思います。こういったものはちょっとしたことでも肌の荒れに結びついてしまいます。

紫外線(しがいせん、英: ultraviolet)は、波長が10 – 400 nm、即ち可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波である。可視光線の紫色の外側という意味で紫外線という。1960年代(昭和35年)以前の呼び名は菫外線(きんがいせん)とも。また、英語の ultra-violet からUVと省略される。

「お肌のことを気にするのは何歳ぐらいからだろうか?」

大体何歳位からだろうかと言う事ですが

10代、20代の頃はそういったことを気にする人たちはそこまで少ないかもしれません。

これは若い頃なので、大体気にするようになってくるのは(若いころからやりすぎると来てしまうのがはやくなるため)

30以上になってだんだん何とかしなければいけないと言うような感じになってくるのではないかと思います。

今まで気にしてこなかったけれどもこれからは何とかして行かなくてはいけないと言うような感じになるのではないかと思います。

ビマジオの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月使用した体験談をレビューでお届け!

「日焼けマシーンとは?」

日焼けマシーンには特殊高圧水銀ランプ(水銀灯 メタルハライドランプ、俗称としてハロゲンランプ)と低圧水銀ランプ(蛍光管紫外線ランプ)が目的別に設置されていて、

簡単に日焼けする事ができるように設計されている。各ランプは衝撃を保護するためにアクリル、ガラス等で守られている。光線の波長としては350nm付近の日焼けに最適な光線が放射できるように各メーカーによって調整されています。

「皮膚癌になる可能性もあり」

皮膚癌とは、皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。これはフロンガスによるオゾン層破壊が進み、太陽からの紫外線の量が増加したためと考えられる。

悪性腫瘍(あくせいしゅよう)は腫瘍の中でも浸潤性に増殖し転移するなど悪性を示すもののことで、悪性腫瘍の中でも多くを占めるのが上皮細胞に由来する癌(がん、carcinoma)、癌腫であり、一般には悪性腫瘍全般を指して「がん」と表現することが多いです。

「がんを防ぐための12ヵ条とは」

バランスのとれた栄養をとる

毎日、変化のある食生活を

食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに

お酒はほどほどに

たばこは吸わないように

食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる

塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから

焦げた部分はさける

かびの生えたものに注意

日光に当たりすぎない

適度にスポーツをする

体を清潔に

という12ヵ条があります。