若い頃の肌の手入れは大切

中学生の頃からニキビが出来始めて、それなりに年齢もあり気になっていたことから、ニキビに良いとされる化粧品を使用してきましたが、なかなか良くなりませんでした。高校生になるとニキビはあっても化粧をすることで隠すことができるのでその場しのぎの生活をしてきました。不摂生もあり化粧を落とすことなく寝てしまうことも多々ありました。

http://kajikaen.com/

その結果、大人になってからニキビの跡に悩むことになりました。社会人になり化粧品もお金は掛かっても、少しでも良いものを、と思いデパコスで揃えてみたり、肌に対してはそれなりに努力をしてきたつもりです。フェイシャルサロンにも通ったりしたこともありました。

ですがなかな肌についたニキビあとはクレーター状になっていることもあり、それそのものがよくなることはなく結局ベースメイクで毛穴隠ししファンデーションを厚く塗る、といった対応してとなってしまいました。さらに30歳を過ぎてからは肌もたるみが出てきて毛穴も目立って来てしまいました、普段から化粧をしないと外に出ることもできません。今思えば、ニキビができるような肌だったのに、化粧を落とさなかった事を後悔してもしきれません。その時のつけは10年20年もっと先に影響することがよくわかりました。